幾度か紹介している越山甘清堂が手がけるcafe甘さん。和菓子店の店主が本気を出した、その計算し尽されたパフェは間違いのない美味しさでイチオシの和スイーツとして当おいしい金沢としても度々プッシュしてきましたがブログでは改めてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

cafe甘 看板商品① 和パフェ

 

和菓子店のパフェってだけで期待度は120%なんですが、老舗が手掛けるとこうも違うのかというくらい味の組み立て方が違います!

 

加賀棒茶ときなこのカフェ(880円:税別)

 

きなこや白玉、アイスにあんこに加賀棒茶ゼリーと幾重にも重ねられており、少しずつ食べ進み味の変化を感じるのが楽しい!甘さは控えめで、ボリューム感はありますが一人で余裕で食べれてしまいました。混ぜながら食べて自分の好きな味の組み合わせを見つけるのも楽しい。

 

ピスタチオと濃厚抹茶パフェ(1380円:税別) 

 

抹茶クリームやつぶあんやどら焼き、ピスタチオクリームと幾層にも重ねられおり途中で木いちごのソースの酸味が口をリセットしてくれるなど工夫を感じさせてくれる一品。

先ほどのパフェもそうですが、よくある甘さ一辺倒のパフェとは違い和菓子屋らしく全体的に甘さを抑えた作りとなっているため途中で飽きが来ることはなく、完食した時点で程よい満足感と余韻が訪れるところに和菓子屋としてのさすがの実力を感じます。控えめな甘さを積み重ねていく足し算と酸味の引き算が見事。

 

cafe甘 看板商品② 珠手箱(1180円:税別)

 

そしてここのもう一つの看板商品としては珠手箱(1280円)があります。和洋菓子を3段のお重に見立てて提供。たくさんの種類のお菓子をちょこちょことあれこれ食べることができるいいとこ取りのような一品です。季節によっても内容が変わるのも楽しく、これは一番初期のバージョン。

 

今冬の珠手箱は練り切り、苺カステラ、苺大福、苺ミルクプリン、苺わらび餅、そして一番奥は手作りで仕上げる苺のどら焼きが入ってます(以前のものは写真最後)6種類もの苺スイーツが楽しめる楽しいお重には人気の苺大福も入っているのが嬉しく、自分の好みの加減で完成できるどら焼きも面白い。特どら焼きは苺の性質上前もって作っておくのが難しく、カフェだからこそ提供できた苦心の一品のようですよ。

巷には苺を使ったパフェはたくさんありますけど、その苺を一度にこれだけの種類で楽しませてくれるのは流石としか言いようがなく、一朝一夕では決してできない老舗和菓子店さんの力量を深く感じるこのお重。一人でも良いですが、二人で行ってあれこれ言いながら食べるのも楽しそう(もちろんここのパフェも絶対食べておくべきですよ)

 

いちご大福もおすすめです!

 

 

季節限定でいちご大福も出ており、お店の中でも特に人気の商品のようです(実際とても良いお味です)おすすめなのでぜひお持ち帰りで買ってみてください。

 

店舗詳細

 

お店はエムザの裏にあって少しわかりづらいのかそれほど混んでいないのが嬉しいです(金沢駅とか東山にあったらそれこそ人気爆発しそう)街中のお店には珍しく駐車場があるところも特筆すべき点でしょう。テイクアウトに苺大福を買って行くと喜ばれること請け合いです!

 

店名 越山甘清堂 cafe甘
住所 石川県金沢市武蔵町13−17
営業時間 10時~17時30分
電話番号 076-221-0336
定休日 水曜日
駐車場 あり
シチュエーション 友人、家族、デート、一人、ランチ
HP
SNS Facebook
Instagram
Twitter
スポンサーリンク